RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

RELIEF DISPLAY - ETRUSCO -

That's 2.5 Dimension Graphics
Ecco il Grafico di 2.5 Dimensione
2.5 次元印刷 立体印刷 特殊印刷 広告制作 
工芸 デザイン グラフィック SP 制作業
有限会社エトルスコ 横浜 元町 ⇔ フィレンツェ
サイクリング セイリング オペラ 酒 タバコ
PRAY FOR JAPAN
0
     昨年の大震災後、海外から連絡をもらったなかで
    文末によく使われていたのが ”PRAY FOR JAPAN”
    このフレーズを忘れたくなくて、なくて
     そんな頃、ジャムのパッケージのレリーフに取組んだ時期とも重なり
    今年のカレンダーどちらかと云えば ”PRAY FOR JAMPAN” となりました

     思えば、近年のカレンダーが量感的だったからか
    このところロゴやボトルや機械など、いわゆる量感をレリーフに求められる仕事が多かった。
     このようなケースでは量感つまり立体化する上での粘土の最適な立体量がものを云う。
    一方、有機的な対象物にはプラス質感つまり表面のテクスチャー再現力が求められる。
     最近やってないがいわるゆこの手の細かな作業も得意。
    このようなテクスチャーを印刷物として量産できることもお忘れなきように! と
     今年はプラス質感(パンのテクスチャー)にこだわりをみせました。
    参照 http://info.carousels.jp/

     レリーフ印刷とは
    グラフィック上の立体感を立体で再現するための技法、いわゆる平面の立体的なるものの立体化ですね。
     実物として質感あるモノには、その表情を忠実に彫塑上再現することが
    よりリアリティー、イコール訴求力となるでないでしょうか。
     つくづつに、今年もリアルで効果的なレリーフをつくっていたいものです。

     テラミチケンイチロウ


     追・ ジャムの立体量には賛否あるけれど私には〜あたりまえ! みなさんもこのくらいは塗るでしょ?





    | - | 20:05 | - | - | - | - |
    金沢文庫芸術祭
    0
      workshopで参加します
      ”メリ〜ゴーランドハットをつくろ〜"
      クルクルまわる愉しい帽子つくり(ワンコイン)

      馬たちも参加し自然を利用したメリ〜ゴーランドも展示します
      9/18 海の公園あそびにきてね〜


      | - | 12:39 | - | - | - | - |
      オープン
      0

         小社第2スタジオ ”STUDIO CAROUSEL”(メリ〜ゴーランド研究所→メリケン)がオープンしました。
        名称が少々ややこしいのはCAROUSELの意味を勘違いされるため、メリ〜ゴーランド研究所とサブタイトルを付けたところ
         それもあまり長ったらしいとなり、ではと略したら本牧っぽいじゃんと評判を呼び
        今では誰もがメリケンと呼ぶようになったわけ。
         これまた誤解が多いけど、健のケンじゃありません

         本牧の路地裏にたたずむ1940年代の米軍ハウスをリノベーションした当スタジオでは
        移動式メリ〜ゴーランドの研究開発はじめ、大作から小品まで注文に応じた様々な美術制作も承っております。
         また、カフェやアートグッズの販売、子どもから大人まで愉しめる美術教室も好評です。
        とりあえずは13:00〜20:00 おやすみは日曜・月曜です。
         自分で云うのも好きですが、とても素てきで愉しげな空間になりました。
        どうぞお気軽にお越し下さいね。

         テラミチケンイチロウ
        | - | 13:01 | - | - | - | - |
        workshop開催! のおしらせ
        0
            
          | - | 16:08 | - | - | - | - |
          迎春
          0

             唐辛子みたいに火照る夏い暑の日
            係留しているヨット船底に付いた何百キロはあるムール貝の取除に入った
             意外にも横浜港はアップルグリーンの水中にトロピカな小魚もいて
            何十年経たコンクリも貝に海草と岩化し、まるで油壺と変わりない。

             この作業にもコツがある
            潜るより、沈み  泳がずに、漂う
             無理はしない 自然に委ねたポーズで
            ライク・ア・シーホース
             スタジオであれ 海中であれ
            無理のない状態が作業を確実にする

            と云うわけで
             今年も益々、無理をせずに活動したいとおもいますので
            宜しくお願い申します

            テラミチケンイチロウ
            | - | 19:49 | - | - | - | - |